教員紹介


教員紹介
知財戦略講座プログラム(修士)

非常勤講師 黒川 恵 Megumu Kurokawa

学歴
1983年
芝浦工業大学工学部建築工学科卒業
職歴
1985~88年
三好内外国特許事務所勤務
1988~91年
鈴木国際特許商標事務所勤務
1989年
弁理士登録
1991~04年
一色国際特許業務法人勤務
2004~05年
最高裁判所調査官兼東京高等裁判所調査官(東京高等裁判所勤務)
2005~07年
最高裁判所調査官兼知的財産高等裁判所調査官(知的財産高等裁判所勤務)
2007年
阿部・井窪・片山法律事務所入所
2010年
日本弁理士会特許委員会委員長
2010~2012年
工業所有権審議会試験委員(弁理士試験委員・特許法/実用新案法担当)
2012年
特定侵害訴訟代理業務付記弁理士登録
主要著作
2002年
「ADRの機能と実際」発明99巻11号
2004年
「特許出願手続の概要」第二東京弁護士会知的財産権法研究会編『特許実務の最先端』(商事法務)
2004年
「知的財産紛争とADR」JCAジャーナル51巻3号
2010年
「特許法における技術常識の意義」片山英二先生還暦記念論文集『知的財産法の新しい流れ』(共著,青林書院)
2011年
「実質上特許請求の範囲を拡張し,又は変更するものであってはならない」の意義(共著,別冊パテント4号)
2011年
新・注解特許法【下巻】第126条~第128条、第134条の2~第134条の3、第181条(共著,青林書院)
2012年2月
平成23年特許法改正後の審判実務(パテント)
2013年
Intellectual Property in Electronics and Software (共著)
2013年
日米欧重要特許裁判例(共著,エイバックズーム)
2013年
特許権侵害訴訟におけるクレーム解釈(共著,別冊パテント4号)
2014年
実務 審決取消訴訟入門 第2版(共著,民事法研究会)
2014年
明細書に記載された用語の意義と特許発明の技術的範囲の解釈(共著,別冊パテント13号)