HOME > 教員紹介 修士課程 > ブルース アロンソン

教員紹介


教員紹介
経営法務コース(修士)

教授 ブルース アロンソン Bruce Aronson

学歴
1974年
ボストン大学卒業(AB)
1972〜73年
早稲田大学(学部短期留学)
1977年
ハーバード大学ロースクール卒業(JD)
職歴
1977年~1978年
同志社大学研究フェロー
1978年~1980年
長島・大野・常松法律事務所
1981年~1983年
コロンビア大学ロースクール 研究フェロー
1983年~1986年
ヒル・ベッツ&ナッシュ(法律事務所)
1986年~2000年
ヒューズ・ハバード&リード法律事務所
2000年~2002年
東京大学 上級フルブライト研究員
2002年~2004年
コロンビア大学ロースクール 準研究員
2004年
ミシガン大学ロースクール 客員教授
2004年
東京大学 客員准教授
2004年~2013年
クレイトン大学ロースクール 米国オマハ市
2010年
日本銀行金融研究所 客員研究員
2011年~13年
早稲田大学法学学術院 上級フルブライト研究員
2013年7月~
一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授
2013年9月~
2016年12月
長島・大野・常松法律事務所顧問
主要著作

Reconsidering the Importance of Law in Japanese Corporate Governance: Evidence from the Daiwa Bank Shareholder Derivative Case, 36 CORNELL INTERNATIONAL LAW JOURNAL 11 (2003)

Elite Law Firm Mergers and Reputational Competition: Is Bigger Really Better? An International Comparison, 40 VANDERBILT TRANSNATIONAL LAW JOURNAL 763 (2007)

A Japanese CalPERS or a New Model for Institutional Investor Activism? Japan’s Pension Fund Association and the Emergence of Shareholder Activism in Japan, 7 NYU JOURNAL OF LAW AND BUSINESS 571 (2011)

The Olympus Scandal and Corporate Governance Reform: Can Japan Find a Middle Ground between the Board Monitoring Model and Management Model? 30 UCLA PACIFIC BASIN LAW JOURNAL 93 (2012)

Reassessing Japan’s Big Bang: Twenty Years of Financial Regulatory Reform, in JAPAN SINCE 1945: FROM POSTWAR TO POST-BUBBLE 165 (Christopher Gerteis & Timothy George, eds., 2013)

アメリカのコーポレート・ガバナンスから何を学べるか--批判的検討、ジュリスト1296号(2005.9.1)

日本における企業法務中心の法律事務所の発展と弁護士の役割の変化、NBL900号(2009.3.1)

トヨタ問題の教訓――日本における取締役会の監督、会社の機関設計および取締役の独立性をめぐる議論、商事法務1909号(2010.9.15)

日本の法曹のためのすばらしい新世界再訪―2008年経済危機と2011年東日本大震災後の日本の法曹に関するパネル・ディスカッション(樋口範雄訳)NBL988号、989号、990号(2012.11.1、2012.11.15、2012.12.1)

海外からみた日本企業のガバナンスにおける問題—実効性のあるガバナンス改革の方策、商事法務1991号(2013.2.25)

研究分野

コーポレート・ガバナンス·法曹·資本市場の比較研究