HOME > 教員紹介 修士課程 > 相澤 英孝

教員紹介


教員紹介
知財戦略講座プログラム(修士)

教授 相澤 英孝 Hidetaka Aizawa

学歴

東京大学経済学部経済学科卒業

東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学

職歴
1984年~1987年
筑波大学専任講師
1988年~1998年
筑波大学助教授
1998年~2000年
早稲田大学助教授
2000年~2004年
早稲田大学教授
2004年~2006年
早稲田大学客員教授
2003年
東京大学客員教授
2003年~2008年
東京大学特任教授
2004年~
一橋大学国際企業戦略研究科教授
2007年、2013年
ハーバード大学ロースクール客員教授
主要著作

著作:

知的財産法概説 第5版(西村あさひ法律事務所と共編著)弘文堂 2013年

中山信弘先生還暦祈念論文集 知的財産法の理論と現代的課題(共編著)弘文堂 2005年

特許判例百選[第三版](共編著)有斐閣 2004年

電子マネーと特許法(増補版)(編著)弘文堂 2000年

バイオテクノロジーと特許法 弘文堂 1994年

研究論文:

「特許法改正の方向性」ジュリスト 1418号 2011年

「大学と特許」ジュリスト 1405号 2010年

「危機を迎えている特許制度」L&T 47号 2010年

「知的財産法判例の動き」ジュリスト 『平成20年度重要判例解説』 1376号 2009年

「デジタル・コンテンツ流通促進のための法制度の整備と国際条約上の規律」(共著)L&T 41号 2008年

「著作権法のパラダイムへの小論」相澤英孝ほか編『中山信弘先生還暦記念論文集 知的財産法の理論と現代的課題』 2005年 単行本

「特許法第35条の改正がもたらしたもの」ジュリスト 1279号 2005年

「薬事法上の義務と著作権法」L&T 25号 2004年

「コンピュータ•ソフトウェアとWTO/TRIPs協定第27条」日本国際経済法学会年報 2002年

「特許法2条3項の改正の意味するもの」ジュリスト 1227号 2002年

「ネットワーク時代の著作権」コピライト 492号 2002年

「ビジネス方法と特許」ジュリスト 1189号 2000年

社会的活動

知的財産戦略本部 知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会委員(2010年2月10日~2013年10月)

知的財産戦略本部 検証・評価・企画委員会委員(2013年11月~)

産業構造審議会臨時委員(1997年10月~1998年10月)(1998年12月~1999年12月)(2001年4月~2002年4月)(2002年9月2007 年10月)(2008年12月~2009年12月)(2011年7月~2012年7月)(2013年8月~)

中央教育審議会専門委員(大学分科会)(2011年6月~2013年1月)